中折れ対策

中折れ対策と防止方法


中折れは何か、中折れは勃起機能障害とも言う。性交際に、男性が性生活の時に、陰茎が勃起できず又は勃起不堅で長く持たないので、正常な性生活を遂げず、或いは、陰茎が根本に陰道を差さずに性交に至らないのを指す。 今日はいくつか中折れ対策と防止方法を教える。

 

 

 

中折れ対策の薬物治療

1 性ホルモン:生殖機能低下性中折れに適するプロピオ酸睾丸のケトン25 mg。筋肉注射一日おきに1回、続けて2週間を使用して、腎性素500~1000単位 筋肉注射毎週1~2回、4週間を続けて使用する

2 性機能減退:促進素、甲状腺ホルモン治療

3 ビタミンE100ミリグラム、1日に3回。オリザノール20 mg毎日3回

中折れは病因によって、自身状况等の個別の差で、治療方法も異なる 若し勝手に中折れ治療の薬物を紹介なり、 単一、盲目的に薬物治療を図り、病情を合わせなければ、更なる激しい効果が出るかも。

 

中折れ対策

 

中高年男性の中折れ対策の寒い湯交代浴法

これはとても古い的男子性功能を高める練習方法である。寒い湯交代浴の際に、できればお風呂で十分温めてからお風呂に出る。陰部に寒い水を加えて、3分間ぐらい待って、ペニス、陰嚢収縮後に御風呂に入る。こう繰返して3-5回後に終らせる。もし每日「交代浴法」を堅持すれば、中年以後の男性精力付けられ、性功能高め、中折れ防止できる。この寒い湯交代浴法には、シャワのヘッドを使うのは同じ効果が出る。

若い男が適用される中折れ対策の「空冷」トレーニング法

睾丸から言えば、布団を寝るのは良好な睡眠状態と言えない。前に述べたように、睾丸生産精子と男性ホルモンの最適温度は体温よりやや低い温度で、だから、陰嚢は良好に放熱出来なければ、睾丸機能に影響を与える。

睾丸が重要活動を図る際に、布団の蒸し暑さに陥るのが、これは睾丸には非常に不利な物。実は、対策はとても簡単である。それは陰嚢を比較的涼しい空気の中に暴露させて睡眠すれば、陰囊が良好な通风放熱できるように。若い人にとって、この「空冷式」練習方法は寒い湯交代浴法より便利且つ効果がある。

できれば、一年中の四半期とも、陰嚢を空気に曝しての睡眠はもちろん良いこと。しかし、冬の時には、風邪を引くかも。この時に出来れば布団を寝て、ブリーフない睡眠の方が良い。もし室内でクーラーで恒温を保持すれば、布団をあまり厳しく必要無い。

「空冷式」との練習法はホルモンの分泌に影響を結構及ぼす、且つ効果が非常に良い。臨床性機能障碍患者の中では、この中折れ対策を数月間で採用後、精力が明らかに快復出来、性生活も改善できる。

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>