ed 症状

ed治療方法

ed治療方法の解析

まず、紹介するのはed治療方法のedツボマッサージ方法です。漢方でedツボをマッサージはed治療方法に欠かない一つです。

edツボの三阴交穴を刺激する

三阴交とは、文字通りに、肝経、脾臓、腎臓三本の陰経で交差する所である。三阴交穴は脾臓に属し、脛骨の内側に置いて、足内踝の上側の約10cm所に位置する。このツボの鍼灸は主に夢精、インポテンツ、陰莖の痛み、小便不利、睾丸縮腹などを治療できて、男性のed治療方法に一番のツボである。従って、指でこのツボをよくマッサージすればed治療だけではなく、男性の性機能も強化できる。

商陽穴をマッサージする

商陽穴は人差し指の先端橈骨侧爪の横にある。漢方の認識によって、このツボを刺激すれば明らかな精力付ける効果が出て、性老化を遅らせできる。通勤の時、バスや電車を乘る時に、人差し指で車内の手すりや弔り革を引っかける、或は暇の時に両手の人差し指でお互いに引張る、または傘の柄などを利用して人差し指をマッサージする全部ed治療できる。

 

ed治療方法

 

edツボの築賓穴を刺激する

築賓穴は三阴交穴の後上側約2寸の所にある、胀ら胫内側で、足少阴腎臓に属して、このツボを刺激すれば性欲を高める。

これから、ほかのed治療方法を紹介します。

運動ed保健療法

両足を揃って立て、両足のひらで力を入れてグリップして、両足が力を入れて内側に挟む。息を吸う時、力を入れて肛門を上げて精巢を締め、両手で拳を握り。十分に息を吸うと、舌でなめ上腭で動かず、息を止め、極限に達すと息を吐いて、舌を下して全身がリラックスにする。上記動作を繰返して、每日3回,每回5–7分間。

両手摩擦熱で暖かくなりして、両手にて睾丸をマッサージする。朝夜各1回で、毎回は8–10分間。

精神面の原因で起こすed治療方法は、主に患者に精神治療を行い、精神面での負担を解除させ、正確な性知識を把握するように。患者に性交の猶予、心配、怖がる、緊張気分を消えさせるようにする。夫婦の感情を調整してお互いに理解する。妻は旦那さんのed治療に重要な作用がある。妻はもっと優しくして旦那さんを愛撫すべき、共同に良好な性生活の雰囲を創る。こうすれば、精神要素で起こすedも益々消えて行くわけ。

生活調理も大切なed治療方法だ

1、気持ちがいい、リズムの生活を保持して、夫婦生活を制御して、オナニーをやめて。積極に泌尿生殖係、内分泌係の関連の病気を治療する。精神負担を解除して、自信を持つ。

2、夫婦二人の交流を深めて、旦那さんの精神的ストレスを減らす。

これらの穴のマッサージは性欲への刺激に助かることにしても、ed患者はもし永遠に病気を離れようとしたら、病院へ行って検査治療して、一番正しいed治療方法である。