心因性ed

心因性ed

心因性edの自我療法

心理的な要因によってもたらすインポテンツがたくさんある。心因性edに対して、もし適切にメンタルな治療を協力したら、一般的に全て治癒することができる。 従って、びっくりして来たインポテンツはあまり怖くない。

 

 

 

一般的なインポテンツは心理の要因を影響

興奮しているとき、驚かれてインポテンツを引き起こすことがある。この状況は確かにあるけれども、心因性edに属す。心因性edになった原因がいっぱいがある。例えば児童期に経歴に遭って、長期的に緊張して、文化に影響されるなど、心因性edをもたらす。

心因性でインポテンツになると身体要素で真性インポテンツになっるが異なっていて、心因性edになって比較的に焦ることを生じて、明らかな精神的な要素があって、同じに性欲の減少に同伴しなくて、そのうえ境涯性または間歇性が多い。心因性ed治療に対するやはりメンタルな方面の治療を注目しはずである。

 

心因性ed

 

下記には心因性edの自我療法を紹介する

1、韮とネギを食べられて、特に炒めた豚の肝臓を食べたら、性欲を高めることを増えることができて、性機能が強くなる。

2、朝に陰茎が自然的に勃起する特徴を利用して、適当な訓練する。朝に性生活をすることが容易に成功する。

3、陰茎が堅くなく勃起する時は、半勃起状態に適切な体位を採用して性交することができて、女上位のように、伴天連体位、リラックスして、性生活に気楽にして、陰茎は自然回復勃起機能が回復できる。

4、朝鮮人参ローヤルゼリーを服用して、脂肪、タンパク質、砂糖、ミネラル物質と微量元素などの40種類以上栄養を吸収する成分を含むため、長期的に食べたら、陰茎が勃起する力と硬度が改善できる。

5、性交する前に少量な酒を飲んで、心理の抑制を解除して、脳性中枢の興奮を高めて、陰茎勃起機能を増強することができる。しかし、ただ少量蒸留酒を飲むことを注意する。

6、膀胱の尿を貯蔵する機能を利用して、末梢神経を刺激することができて、陰茎が勃起の能力を増強して、性神経の興奮性を高める。従って、性交前にいくらか少しの尿意を残していて、熟練的にこの点を把握して、一定の効果を受け取ることができる。(早漏患者はこの法を採用不適だ)。

7、きつい口型のコンドームを採用して、陰茎の根皮下組織の中の静脈を戻ってくることを圧迫できて、陰茎先端に充血させて、亀頭部が敏感になって、脳興奮を増強して、陰茎の勃起する力と硬度は同じくて増加することができる。

また、少しの心因性ed患者は他の疾病があることを患うあるいは性蔓延の疾病を治癒された後、 「後遺症」が心配して、性生活方面が無能を表現する。実は、ここが挙がる心理的な要因はまだただそのうちの一部分である。現実の仕事の中に、具体的問題に遭う時は別々に対処するわけである。

 

 

心因性ed

いんぽ治療方法と原因

いんぽはどう治療すればいいだか、圧力が大きい過ぎるので、いんぽは発病率が高くて、男に悩みの男性病気である。いんぽは男性の体と心理に害をして、患者の家庭にも大きな迷惑をかける。どの面の影響でも無視できない。早めになおすこそ徹底的に苦痛を離れる。では、どのようないんぽ治療方法があるか。

 

 

 

いんぽは男性の個人プライバシーだと思われるから、たくさんのいんぽ患者は病院に治療を受けたくない。しかし、早めに健康に回復して病気を治療なければならないだろう。男のいんぽはいつくかの種類があり、病院に行って、専門家に診査して適応ないんぽ治療方法が尋ねる。

 

いんぽ治療方法

 

功能性いんぽ

功能性いんぽの主な原因は他の性病で引き起こす、心理面などの原因で神経系統功能失調で勃起功能障害になり、長期な心理圧力、負担、焦りなどの嫌気の影響により、いんぽになった。

器質いんぽは発生が遅いで、性器官とほかの心臓器官で起きたいんぽである。

混合性いんぽ

ベニスの海綿体の血が不足で或いは分泌失調など原因で器質性いんぽになり、しかし、一部のいんぽ患者は精力が弱くて、病気に怖いので器質性いんぽから功能性いんぽになる。それは混合性いんぽと呼ぶ。混合性いんぽのいんぽ治療方法は飲食、薬、心理など方でできる。通常には、元の病気の回復により、いんぽ治療も改善できる。

だから、男がいんぽになったら、治療が遅くて更に治療しないことはしないでください。真剣にいんぽ治療法を考えべき。自分はどんな種類のいんぽを了解して、有効的ないんぽ治療方法を尋ねることこそ短時間で理想的な治療効果が受けでき、徹底的にいんぽを治療できる。