中折れ – ed原因

心因性ed

心因性edの自我療法

心理的な要因によってもたらすインポテンツがたくさんある。心因性edに対して、もし適切にメンタルな治療を協力したら、一般的に全て治癒することができる。 従って、びっくりして来たインポテンツはあまり怖くない。

 

 

 

一般的なインポテンツは心理の要因を影響

興奮しているとき、驚かれてインポテンツを引き起こすことがある。この状況は確かにあるけれども、心因性edに属す。心因性edになった原因がいっぱいがある。例えば児童期に経歴に遭って、長期的に緊張して、文化に影響されるなど、心因性edをもたらす。

心因性でインポテンツになると身体要素で真性インポテンツになっるが異なっていて、心因性edになって比較的に焦ることを生じて、明らかな精神的な要素があって、同じに性欲の減少に同伴しなくて、そのうえ境涯性または間歇性が多い。心因性ed治療に対するやはりメンタルな方面の治療を注目しはずである。

 

心因性ed

 

下記には心因性edの自我療法を紹介する

1、韮とネギを食べられて、特に炒めた豚の肝臓を食べたら、性欲を高めることを増えることができて、性機能が強くなる。

2、朝に陰茎が自然的に勃起する特徴を利用して、適当な訓練する。朝に性生活をすることが容易に成功する。

3、陰茎が堅くなく勃起する時は、半勃起状態に適切な体位を採用して性交することができて、女上位のように、伴天連体位、リラックスして、性生活に気楽にして、陰茎は自然回復勃起機能が回復できる。

4、朝鮮人参ローヤルゼリーを服用して、脂肪、タンパク質、砂糖、ミネラル物質と微量元素などの40種類以上栄養を吸収する成分を含むため、長期的に食べたら、陰茎が勃起する力と硬度が改善できる。

5、性交する前に少量な酒を飲んで、心理の抑制を解除して、脳性中枢の興奮を高めて、陰茎勃起機能を増強することができる。しかし、ただ少量蒸留酒を飲むことを注意する。

6、膀胱の尿を貯蔵する機能を利用して、末梢神経を刺激することができて、陰茎が勃起の能力を増強して、性神経の興奮性を高める。従って、性交前にいくらか少しの尿意を残していて、熟練的にこの点を把握して、一定の効果を受け取ることができる。(早漏患者はこの法を採用不適だ)。

7、きつい口型のコンドームを採用して、陰茎の根皮下組織の中の静脈を戻ってくることを圧迫できて、陰茎先端に充血させて、亀頭部が敏感になって、脳興奮を増強して、陰茎の勃起する力と硬度は同じくて増加することができる。

また、少しの心因性ed患者は他の疾病があることを患うあるいは性蔓延の疾病を治癒された後、 「後遺症」が心配して、性生活方面が無能を表現する。実は、ここが挙がる心理的な要因はまだただそのうちの一部分である。現実の仕事の中に、具体的問題に遭う時は別々に対処するわけである。

 

 

心因性ed

いんぽ治療方法と原因

いんぽはどう治療すればいいだか、圧力が大きい過ぎるので、いんぽは発病率が高くて、男に悩みの男性病気である。いんぽは男性の体と心理に害をして、患者の家庭にも大きな迷惑をかける。どの面の影響でも無視できない。早めになおすこそ徹底的に苦痛を離れる。では、どのようないんぽ治療方法があるか。

 

 

 

いんぽは男性の個人プライバシーだと思われるから、たくさんのいんぽ患者は病院に治療を受けたくない。しかし、早めに健康に回復して病気を治療なければならないだろう。男のいんぽはいつくかの種類があり、病院に行って、専門家に診査して適応ないんぽ治療方法が尋ねる。

 

いんぽ治療方法

 

功能性いんぽ

功能性いんぽの主な原因は他の性病で引き起こす、心理面などの原因で神経系統功能失調で勃起功能障害になり、長期な心理圧力、負担、焦りなどの嫌気の影響により、いんぽになった。

器質いんぽは発生が遅いで、性器官とほかの心臓器官で起きたいんぽである。

混合性いんぽ

ベニスの海綿体の血が不足で或いは分泌失調など原因で器質性いんぽになり、しかし、一部のいんぽ患者は精力が弱くて、病気に怖いので器質性いんぽから功能性いんぽになる。それは混合性いんぽと呼ぶ。混合性いんぽのいんぽ治療方法は飲食、薬、心理など方でできる。通常には、元の病気の回復により、いんぽ治療も改善できる。

だから、男がいんぽになったら、治療が遅くて更に治療しないことはしないでください。真剣にいんぽ治療法を考えべき。自分はどんな種類のいんぽを了解して、有効的ないんぽ治療方法を尋ねることこそ短時間で理想的な治療効果が受けでき、徹底的にいんぽを治療できる。

 

 

 

edの原因

edの原因について

研究によって以下のedの原因を発見した。40~70歳の男性の中で、52%の男性は異なる程度のED、勃起機能障害を患ってあり、且つ年齢の増加につれて、発病率も絶えずに上昇している。臨床検査によって、日常生活の中には、不良な生活習慣や病気によって起こすedの原因である

タバコは動脈性勃起機能障害を起こすに最も直接な要素である。アルコールは中枢神経系への制御を通じて、性機能に一定な制御を図り、edの原因になる。

糖尿病はedの原因になることは現在に以下のように思われてる。糖尿病によるedを発生は血管、神経病変及び心理要素などの多要素で相互作用の結果になる。

薬物での原因は目前下記のように思われてる。25%のed患者は臨床用薬に関わる。例えば降圧薬、鎮痛剤、鎮痛薬などの薬の服用である。

 

edの原因

 

周囲の血管病気は陰茎勃起の時に、陰茎動脈の血流が明らかに増加することで、血流の速度が加速になる。そして陰茎海綿体供血不足がもたらすでedの原因になる。ありふれた血管疾患が心臓病、心筋梗塞、動脈硬化症や高血圧などである。臨床の発見によると、年齢増加につれて、動脈硬化症病情加重のために、edの発病率も上昇にある。

よくある前立腺増殖症手術、前立腺癌の根治術、骨盤損傷や手術後尿道など手術は全部edの原因になるかもしれない。

神経の病気はedに関わる要素はかきようである:多発性硬化症、脊髄損傷など病気である。

陰茎が異常勃起時にしても、適時や正確な処理をしないと海绵体線維症など症状を起こす、それで、edを引き起こす。

以下のような精神要素でedの原因もよくある:仕事の圧力が大きすぎて、妻とけんかすることで、離婚や妻は死亡などの状況である。

内分泌性疾患は例えば睾丸機能障害、副腎疾患、甲状腺機能亢進症或いは甲状腺機能が低下、下垂体腫瘍などの病気でedの原因になれる。

高血圧症によってedの原因はまたよく分からないけど。研究によると、高血圧患者はedの発症率は15%である。

とにかく、edの原因が多くても、できるだけで早めに病気予防すれば、且つ生活習慣を是正すれば、ある程度にedの発生を防止ができるわけ。

 

ed治療方法

ed治療方法一覧

edはとても怖い物で、自分が自信無しだけではなくて、夫婦の感情にも凄く影響しています。ある夫婦が離婚する理由は旦那さんがedで奥さんの欲望を満足出来ないこともあります。従って、必ず即時に正しいed治療方法を取って、なるべく早くedを治りましょう。

edの治療は、先ずは病因を調べないと治療を取れないことです。病因によって、さまざまなed治療方法を取ってください。器質性病気がある人は、元発症の治療を取る必要があります。薬物の影響で起こす者なら、薬物停止或いは他の薬物へ変更しなければなりません。血管性のed者に対して、血管外科手術の治療を取れます。精神性のed治療したいなら、心理治療や行為治療を取ることが必要です。最後に、器質性のedに対して、若し他の病因を解決出来ない人に、ペニスの人工インペラント手術を考えられましょう。

 

ed治療方法

 

多くの人のedは仕事の圧力が重くて、減圧を知らなくて、性生活の時にも重圧力の為にある。それで、仕事しか関心せずに、若し露天運動の時間を取れなければ、ジムへ行ってお体を鍛えてください。このようにすれば、圧力を和らぐだけではなく、edの治療にも良いed治療方法です。

一部の人は生まれつきの性欲が大きくて、従って房事が過度頻繁するだったら、これも良くないことで、edも発生するかもしれません。従って、夫婦間の性生活の回数は多すぎも少な過ぎも良くないことで、少ない場合は感情に影響します。だから適当の性生活も立派なed治療方法ですよ。

精力剤を飲むことはed治療方法ではありませんよ。ed治療のために、精力剤を飲めば、今回役目があったが、次回は病状がひどくなる可能性があります。それより、飲食で注意して良いことです、例えば、ニラのような精力を付けられる食物が適当に食べて良いです。

精神の要素で起こす人は精神的なed治療方法を取るべきです。精神要素を解除する時に、尚性の知識への勉強を強化すべき、正確に性知識の習得並びに性生活の扱います。これらの治療は成功を遂げる様に、夫婦双方のよく協力が必要で、調和の夫婦関係を保つべきです。当男性が性冷淡の場合、女性は責めなくて、特に関心して男性の緊張気分を解けます。医者の治療を緊密に協力する同時に、タッチ性興奮を用いて男性の性興奮を刺激と再度喚起します。

フィットネス運動を堅持すれば性生活に有利する物です。運動する人は運動前と比べれば、40%の人は更に興奮出来て、25%の人は更にオーガズムを遂げ易いです。運動の後、人体より人を愉快させるホルモンを釈放出来て、同時に、運動は心臓が性器官への血液提供能力を強化出来て、血液提供が多ければ、勃起能力が強くなります。必要としない心理負担を解除して、疲れ、緊張、いらいら、住居環境が不善の場合、一時的な性機能の障碍がありうることで、だから偶の性機能の障碍に対して、適正に認識して、正確なed治療方法を取らなければなりません。

中折れ原因はなんですか

中折れ原因はなんですか

 

中折れ原因1、精神、心理要因

 

中折れなどの心因性EDは男性性機能障害の一つの表現です。中折れ原因のもっとも一つとは、夫婦生活の時に双方合力違和、夫婦仲が悪いなど、これらは勃起中枢に抑制を強く受けさせ、性欲が落ち込み、勃起困難を起こしてしまう。また、ある人が、結婚前に夢精やオナニーが過頻繁で、性機能は影響を受けたと疑い、そして新婚夫婦が初の夫婦生活は成功しないため、自分の性機能を疑うなど。

 

夫婦生活は双方のことですが、しかし男性が重い精神的な負担を受け、気はあまり憂鬱、気落ちして、体力と精神的に過疲労の場合にも、精神性の中折れ、インポテンツを引き起こす場合もある。また、夫婦が久しぶりにやるときに、一時のEDは正常な生理と心理状態の反応です、これらの場合、妻は十分な忍耐力と包容心でしてあげて、皮肉と自信を失うなどをしたら、夫のED問題を引き起こす可能性がある。

 

中折れ患者は病状を正視できたら、病院へ検査と診断を受け、発症の本当の中折れ原因を探し出して、そして医者さんと治療を協力してあげて、男の問題を緩和、又は完全に解決する可能性がある。

中折れ原因

中折れ原因2、長期喫煙

メンズにとっては、勃起障害を予防するには、第一条は禁煙です。たばこの中にニコチンやタール、一酸化炭素のルチン卵白などの有害物質は血管の内壁組織を破壊して、動脈血管の内壁を厚くさせ、甚だしきに至っては大動脈と生殖器の小さい血管を塞ぐこともある。一方では長期喫煙すると、性興奮の難度を高め、EDが出るのも当然でしょう。問題が既にい出た場合、早めに正規病院の男性科に早期に中折れ治療を受けましょう。

 

中折れ原因3、薬、サプリメントの不当服用

薬、サプリメントを使っても、病院へ行かないのは中折れ患者の特徴です。多くの男性は、保健品を服用する効果が明らかだと思われている。

 

事実は、市場で売っている不適正の“サプリメント”には西洋医学に違反した成分を添加し、しかも量の多少も不安定で、長期的に服用すると、男性の健康に対して非常に不利です。腎虚患者はば合理的にアプリケーション精力薬を使用すると、確かにED、中折れ、早漏、夢精や性欲減退など症を治療できるが。もし誤用や乱用したり、かえって中折れを更に深刻に、逆転できない性機能障害を起こしてしまう可能性がある。

 

また、男性は夫婦生活に期待も高いから、自分で鹿茸、オットセイ腎などを購入し、大量に服用する。ある中折れED患者は雄激素メチルテストステロンなどの薬物を加え、短時間内で、性機能を大いに強化できるが、日が長くなると、再びEDが現れる、そして病気が未使用前よりさらに深刻になる。

 

中折れED患者はまだ「性ホルモン不足」を明確にしていないの場合、性ホルモンを含まれる漢方と西洋の薬を乱用すると、性腺機能減退、萎縮が現れたり、性欲が減退したり、消えたりする可能性がある、逆転できない性機能障害になってしまう。

 

 

 

中折れ原因4、外傷や医の源性の要因

中折れ発生は骨盤手術にも関係します。例えば:性前立腺切除術、膀胱切除術と直腸の手術など。

 

前立腺手術の中でで、神経保留手術式が明らかに改勃起機能を善できるが、しかし、まだ手術後に勃起機能の改善方法を求める患者がいある;下部尿路閉塞症状の患者も中折れ罹患率が高い、;生殖器官、骨盤や脊髄損傷は生殖器官に分布する神経や血管を破壊する可能性が高い、これも中折れのリスクを増する。

 

中折れ原因5、糖尿病、高脂血

 

中折れは食べ出した病気とも、それは中折れが糖尿病、高脂血が中折れと密接に関係しているからです。糖尿病や高脂血は体の動脈血管を損傷するから、動脈血管を硬化、狭くさせる。男性性器の動脈血管が狭く硬化させてしまう場合、男性性器官が勃起時に血流不足にになり、さらには「断流」の現象が現れ、中折れに至ってしまう。

 

また、人体の血管が硬化すると、その末梢神経は変化が発生する可能性もある。糖尿病、高脂血の患者が徐々に中折れ、インポテンツの症状が現れる。中折れ原因を正確に知りたいなら、読者に、もしこういう現象が現れたら、病院へ中折れ検査を受けることを進めます。そして、正確に中折れ防止をできます。